ブログ

自分では気づきにくい”睡眠時無呼吸症候群” その危険性とは!?

コラムアイキャッチ

みなさんも一度は「睡眠時無呼吸症候群」という名前を耳にしたことがあるのではないでしょうか?
今回は「睡眠時無呼吸症候群」について、特徴とリスク、予防の解説をしていきます。


睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に呼吸が止まってしまい無呼吸状態になる病気です。英語で”Sleep Apnea Syndrome”と言い、頭文字をとって「SAS(サス)」とも呼ばれています。

呼吸が止まると血中の酸素脳が低下するため、目が覚め再び呼吸をしますが、眠り出すとまた止まってしまいます。これを一晩中繰り返すため、睡眠が浅くなり日中に強い眠気が現れます。

また、呼吸が止まることにより血中の酸素濃度が下がるので、これを補うために心臓の働きが強まり、高血圧、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞のリスクが高まります。

睡眠時無呼吸症候群は、寝ている間に起こるので、自分で気づくことが難しく、検査や治療を受けていない方も多いと言われています。現在、日本では250万人以上いると推計されているようです。


睡眠時無呼吸症候群の分類

睡眠時無呼吸症候群は、呼吸が止まるメカニズムによって下記のように分類されます。

  1. 閉塞性睡眠時無呼吸
  2. 中枢性睡眠時無呼吸症候群
  3. 混合性睡眠時無呼吸症候群

閉塞型は「Obstructive Sleep Apnea Syndrome(OSAS)」と呼ばれ、気道の上部が狭くなり閉塞して生じます。

中枢型は「Central Sleep Apnea Syndrome(CSAS)」と呼ばれ、脳から呼吸をするための筋肉にうまく指令がいかず生じてしまいます。

混合型は閉塞型と中枢型が混ざっているタイプとして分類されています。

SASのほとんどが「閉塞型」であり、肥満のある中年男性の方が多いようですが、肥満のない方でもSASを持っている方もいるので注意が必要です。


睡眠時無呼吸症候群の症状

睡眠時無呼吸症候群の代表的な症状は下記のようなものがあります。

睡眠時

  • 大きないびきをかく
  • いびきが急にとまり、しばらく呼吸が止まった後に大きな呼吸と共に再びいびきをかく
  • 呼吸が乱れ、息苦しさを感じる
  • 何度も目が覚める
  • 寝汗をかく

起床時

  • 口が渇いている
  • 頭痛がする
  • 熟睡した感じがしない
  • すっきり起きられない
  • カラダが重い

日中時

  • 強い眠気がある
  • だるさ、倦怠感がある
  • 集中力がない
  • 疲労感がある

睡眠時の症状については、寝ている自分ではなかなか分からないと思いますので、ご家族の方に聞いてみたりすると良いと思います。また睡眠データやいびきを録音できるようなアプリもあるので、そちらを活用してみるのも良いと思います。


睡眠時無呼吸症候群の危険性

睡眠時無呼吸症候群の合併症としては、

高血圧・不整脈・心不全・糖尿病・脳卒中・狭心症心筋梗塞などの心疾患

などが報告されています。

また、睡眠時無呼吸症候群の危険性は合併症などの病気だけではありません。
夜の睡眠でしっかり眠ることができないため、日中に強烈な眠気に襲われ、判断力や集中力、作業効率などが低下します。仕事のパフォーマンスに影響を及ぼすのももちろんですが、特に車を運転する仕事をされている方は交通事故を引き起こす危険があるのです。

2016年にアメリカの大手運送会社のトラック運転手の方を対象として研究では、睡眠呼吸障害をもっている運転手と健常な運転手では、交通事故が健常な運転手の5倍に増加したという報告もありました。


睡眠時無呼吸症候群の予防

睡眠時無呼吸症候群だと感じた場合、または診断を受けた場合は病院に受診し適切な治療をすることをオススメします。私は医師ではないので、治療法については記載はしませんが、睡眠時無呼吸症候群はメタボリックシンドロームにしばしば合併し起こります。

もちろん、メダボリックシンドロームなど肥満じゃなければかからないというわけではありませんが、睡眠時無呼吸症候群を予防するには、生活習慣を見直す必要があります。

  • 適度な運動習慣
  • バランスのとれた食生活
  • 質の高い睡眠

これらについては当サイトに詳しく書かれたコラムがありますので、そちらをぜひご覧ください。


まとめ

今回は睡眠時無呼吸症候群については解説しました。
自分ではなかなか気づきにくい病気で、それが他の重篤な合併症や交通事故を引き起こす危険性がある病気です。特に交通事故は自分だけではなく相手の人生や家族の人生にも影響があります。

忙しい日常でなかなか生活習慣を改善させることは大変だと思いますが、少しずつでも意識してみてはいかがでしょうか?


参考文献

厚生労働省HP
厚生労働省e-ヘルスネット


入稿者写真
記事を書いた人
スマートウェイ運営事務局

スマートウェイは、札幌市を中心とした毎週、個別指導(パーソナルトレーニング)が受けられるフィットネスクラブです。

通っていただくと、トレーナーがあなたに最適な運動を丁寧に指導しますので、運動が苦手な方でも無理なく運動習慣を身につけることができます。

週に一回60分〜ですので、忙しい方でも面倒くさがりな方でも、無理なく通って頂けます。

また月会費の中で、もみほぐしやストレッチを受けることも可能です。毎週通ってもスマートウェイは月会費5,500円〜。

コラム一覧へ戻る

まずは、体験レッスンへ!

『運動神経がなくて不安…』『続けられるか不安…』
という方も大歓迎!まずはお試しください!

お電話での
お問い合わせはこちらから

050-3138-3060 【月〜土】10:00 〜 19:00