オンラインパーソナルトレーニング担当 水谷トレーナー

コラムアイキャッチ

【水谷の得意テーマ】

  1. ダイエットの為のトレーニング

    10kgオーバーのダイエットを2回経験して、この10年はずっと安定中~(^^♪
  2. スポーツのパフォーマンスアップ、ケガしない身体づくりのトレーニング

    私自身バスケの選手としてケガに悩み、引退後はたくさんの選手の試合に帯同してきました!
  3. 自律神経失調症などのメンタルケア

    実は私自身が経験者!辛かったし、その時は太りました(笑)経験者ならではのケアできます!


【水谷のキャラ】

…ヒツジ年の今年41才

周りからは… マジメ!たのもしい!

自分的には… ネガティブがちで、ちっちゃなヘマが多い!

自分以外に対してはポジティブ発言で元気付けることが多い!


【水谷のキャリア】

バスケ女子

→ インストラクター

→ トレーナー学科の先生とアスレティックトレーナー

→ パーソナルトレーナー 


【水谷のダイエット歴】

1回目はバスケ女子だった頃、自律神経失調症と共に激太り!サイズ的には13号女子でした…そこから10kg減量!

2回目は社会人になって…車通勤になったり、職場がフリードリンク制で、深く考えずにジュースをちょくちょく飲んでしまったからか…絵に描いたようなリバウンド(^^;そこからまた10kg減量し、1回目のリバウンドから学んだことを実践し続け10年以上はキープ中。


【水谷ヒストリー】

幼少期から10代まで函館で育つ。

小さい頃からスポーツ少女。サッカーが好きで、当時は「なでしこ」がなかったので少年団に入ってプレイしていた。中学で女子サッカー部がなく、サッカーの先輩が女子バスケ部にいたので、バスケを始めたら、バスケにはまる。

バスケ生活は総じて楽しかったが、高校の部活内で先輩からのイジメみたいなことがきっかけで自律神経失調症を経験…そこから激太りが始まる…!

高校卒業して「体力は自信あるから自衛官に…」と考え、痩せる決意をして、ランニングとちょっとした食事制限を実践し10kg減量成功。さあ自衛官に!と思っていたら、叶わず…。

夢の1つだった体育の先生になりたくて仙台の大学に行きたかったが行けず…。

そしたらなんと!現・北海道スポーツ専門学校がトレーナー学科を新設する!というニュースを知り、ここだ!と速攻で願書を提出し入学。専門学校時代は授業で習ったトレーニング知識などを自分の身体で試したりしながら、バスケで全国大会の準優勝まで行く経験も。

ヒザの傷害や足首の捻挫に悩まされながら、ケガしない身体づくりの探求人生が始まる。

学校卒業後は、トレーナーとして高齢者施設に勤務したり、ホテル併設の高級ジムで富裕層を相手にトレーニング指導している時に、母校の校長先生から「トレーナーの先生にならないか」と誘われ、教師の道へ。教師になりたての3年程は激務で徐々に蓄えリバウンドしたが、過去の成功体験をバージョンアップさせ、再び10kgの減量に成功し、現在もキープ中。

10kgダイエットを2回経験したアスレチックトレーナー

その後14年間、アスレティックトレーナーを目指す若者が通う学校で教職を務めながら、バスケ部やバドミントン部の顧問兼トレーナーとして、たくさんの全国大会に出場し、傍らでアスレティックトレーナーとして実業団チームの帯同トレーナーとしての経験も積む。

しかし、教え子がトレーナーの資格を取得しても、トレーナーとして働ける就職先が少ない社会の現実に悶々としていた時、教え子から「僕が働く会社はトレーナーの社会的価値を高め、働ける場を増やすことを目指してるんで、力を貸してください!」という熱意に共鳴し、SHAREに入社。

SHAREとサツドラホールディングス(東証一部:3544)による共同事業「個別指導フィットネス スマートウェイ屯田」の創業メンバーとして、300人近い男女のパーソナルトレーニングに携わった後、現在のオンライン・パーソナルトレーニング事業の創業メンバーとして現職に至る。


入稿者写真
記事を書いた人
スマホフィット事務局

スマホフィット事務局です。スマホフィットでは、お得に、手軽に、どなたでも、パーソナルトレーニングやオンラインダイエットを受けられます。

コラム一覧へ戻る

まずは、体験レッスンへ!

『運動神経がなくて不安…』『続けられるか不安…』
という方も大歓迎!まずはお試しください!

お電話での
お問い合わせはこちらから

tel:050-3138-3060 【月〜土】10:00 〜 19:00