ブログ

流行りの宅トレ。実はコレをやると効果的!

コラムアイキャッチ

 コロナウイルスの影響で外部施設が休業になり、自宅でトレーニングを始められた人がたくさんいると思います。この自宅でのトレーニング、みなさんは、いきなり「腹筋」や「スクワット」、「マウンテンクライマー」や「HIIT(ハイインテンシティトレーニング)」などをやったりしていませんか?

 そして、終わったらそのままにしていませんか?気持ちがしっかり入っていれば問題ないかもしれませんが、これだと身体の準備やその後のケアができておらず、効果が半減してしまうかもしれません…。

 これではせっかくのトレーニングももったいないですよね?ということで、今回は「トレーニング前」と「トレーニング後」のストレッチについて、お伝えしようと思います♪


トレーニング前の効果的なストレッチとは?

 例えば、小学校の体育の授業の前や足がつらないようにということで水泳の前に行う「準備運動」というものを実施した記憶があるのではないかと思います。この「準備運動」と聞いてイメージするところは、大半の方が「ラジオ体操」ではないかなと思います。

 実はこれ、大変理に適ったもので、「これから身体を動かしますよ!」と脳に伝えて、そこから身体の各所を走る神経に伝えています。これにより、身体が「これから動くんだ!」ということを理解するので、最低限の怪我を予防することに繋がりますし、身体を動かしやすく整えることができるんですね♪

 トレーニング前も同じなんですね!「これから身体を動かすよ!」とか「これからトレーニングするからね!」と身体に伝える作業をします。そうすることで身体の可動範囲も広がり、動かせる範囲を全て使いながらトレーニングすることで、よりしっかりと、より効果的に、かつ、怪我を予防しながらトレーニング効果を得られます!

 トレーニング前に行うストレッチには様々なものがありますが、ご自宅で1人で行うとき、何をやればいいかわからなという場合は、ラジオ体操で十分です。それはなぜか?理由は、各関節の可動範囲(その関節が持つ動く範囲のこと)をしっかり動かしながら準備ができること、この可動範囲をしっかり動かすことで筋肉がしっかり伸縮して、動かす準備ができることが理由に挙げられるからです。

 ということで、身体を動かす前には「動きのあるストレッチ(体操)」が効果的です!!



トレーニング後の効果的なストレッチとは?

 何かスポーツをした後、チームだったら誰かの一声で「ストレッチして〜」と指示があったり、1人で運動した後だったら気持ちとして「ストレッチしなきゃ〜」ということがあると思います。ごくごく当たり前になっているトレーニングやエクササイズなどの運動後のストレッチですが、これにも効果的なもの、相応しいものがあります。

 身体を動かした後には、落ち着いて、ゆったりとした気持ちで、身体に「お疲れさま〜」の意味も込めて整理運動をすることをオススメします。どういう内容で行ったらいいのかというと、運動前とは違い、「動きがない」ものを行います。

 これは、みなさんが知る「ストレッチ」ですね!動くことはせずに静止したまま行うものです。腿の裏を伸ばしたり、腿の前を伸ばしたり、身体の横を伸ばしたり…などなどたくさんの種類がありますね。これを行うことで、身体に「運動終わったよ〜」ということを知らせて、負担をかけた筋肉に「休んで大丈夫だよ〜」という合図を出します。

 これを行うか行わないかで、疲労感にも変化が現れます。身体をいち早く疲労のない状態に戻す、そしてまた、次のトレーニングに備える、この繰り返しがトレーニングの効果を高めてくれます。トレーニング後のストレッチは、身体の機能回復には欠かせない大切なものです。トレーニングお休みの日でも行うことで、身体の機能が整いますので、ぜひ習慣にしてみてください♪

 ということで、身体を動かした後には「動きのないストレッチ」が効果的です!!


スマホフィットでトレーニングをするときは、担当のトレーナーがその日実施するトレーニングに合わせてトレーニングやエクササイズなどの運動前後のストレッチを考えて行います♪

みなさん、安心してパーソナルトレーニングを受けてみてくださいね♪(^-^)b


記事を書いた人
水谷

ゴリゴリトレーニングではなく、「エクササイズやトレーニングで身体の改善を図る、筋肉に効かせる」を大切にしています♪

趣味:夏→渓流釣り(釣れた魚は、リリースします。)、冬→カフェで読書、年中→温泉めぐり

スポーツ経験:バスケットボール、サッカー、スキー、スノーボード etc

コラム一覧へ戻る

まずは、体験レッスンへ!

『運動神経がなくて不安…』『続けられるか不安…』
という方も大歓迎!まずはお試しください!

お電話での
お問い合わせはこちらから

tel:050-3138-3060 【月〜土】10:00 〜 19:00