ブログ

ダイナミックストレッチ 〜運動前の準備運動〜

コラムアイキャッチ

ダイナミックストレッチって何???

 『ダイナミックストレッチ』とは何か、ものすご〜く簡単に説明すると「準備体操」ということになります。イメージは、小学生の頃、体育の授業の前に行っていた準備運動、水泳の授業前にやっていた準備体操こんな感じです。

 競技スポーツ、特にサッカーを例に挙げると『ブラジル体操』という言葉も聞いたことがあるのではないでしょうか。選手がウォーミングアップの時にピッチ上を歩いたりスキップしたりしながら、肩を回したり股関節を動かしながら「1、2、3、4〜〜〜♪」と掛け声をかけて行なっているアレです!d(^-^)

 これできっとイメージはできましたね♪ダイナミックストレッチ!


ダイナミックストレッチは運動前に行うべし!

 外で運動する、どこかの施設でスポーツやトレーニングをするという場合、ほとんどは専用のスペースがあったり、専用のスペースはなくても準備運動できるくらいのスペース確保はできるものですよね〜。そういうところがない時、特に自宅でトレーニングをする場合はどうすればいいだろう・・・。

 こんな疑問が頭を過りますよね。ここからは、どんな方法があるか、その方法をいくつか紹介していこうと思います♪

自宅で行うトレーニングの前にオススメのダイナミックストレッチ!

☆その1☆

 ダイナミックストレッチがわからなくても簡単にできる『ラジオ体操』です!

 以前のブログご紹介させていただいたこれですが、大変オススメの内容になっています。全身の関節をくまなく動かし、その関節に関わる筋肉が伸びたり縮んだりしながらストレッチ効果と身体を動かす準備ができる。要は、これから運動するという身体に整えることができる!ということです☆

 ここでは動画などでお知らせしませんが、あの聞き慣れた音楽が流れたら、身体が勝手に動くくらい、慣れ親しんだものだと思います!何をやるのがいいのか困った時には、これを実施してみてください♪d(^-^)


☆その2☆

 昔、体育の授業でやった覚えのある『準備体操』です!

 簡単に説明すると・・・

 膝の屈伸運動、膝回し、開脚しての伸脚運動(浅く・深く)、体幹の側屈・前後屈、体幹回し、アキレス腱伸ばし、肩回し etc…

 というように、純粋に何気なく普段の主運動の前にみなさんが取り組んでいる準備運動が、これにあたります。

 また、「時間がない、でも怪我をしたくないから準備運動したい!」というときには、これから使うであろう身体の部位だけでも簡潔に行うことで、怪我の予防ができます。怪我をすると仕事に影響が出てしまったりと、何かと不都合なことが起こってしまいますよね?それを未然に防ぐためにも、必ず準備運動をすることをお勧めします。


実は誰でも行っている簡単な準備運動です!

 「ダイナミックストレッチ」と聞くと、難しそうな専門的な領域のものなんだ…という印象かもしれませんが、実は誰でも手軽に行える簡単な準備運動です。

 前述のいずれの場合も、誰もが簡単に行えるものであることがわかっていただけたかなと思います。難しく考えることなく、主運動の実施前には実践してみてください☆(^-^)


ダイナミックストレッチを上手く取り入れながら、ウォーミングアップ〜トレーニング〜クールダウンと効率よく行っているのが、スマホフィットのオンラインパーソナルトレーニングです!\(^0^)/

記事を書いた人
水谷

ゴリゴリトレーニングではなく、「エクササイズやトレーニングで身体の改善を図る、筋肉に効かせる」を大切にしています♪

趣味:夏→渓流釣り(釣れた魚は、リリースします。)、冬→カフェで読書、年中→温泉めぐり

スポーツ経験:バスケットボール、サッカー、スキー、スノーボード etc

コラム一覧へ戻る

まずは、体験レッスンへ!

『運動神経がなくて不安…』『続けられるか不安…』
という方も大歓迎!まずはお試しください!

お電話での
お問い合わせはこちらから

050-3138-3060 【月〜土】10:00 〜 19:00